スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後予定されている人事労務関係の法律改正と求められる実務対応

LEAP勉強会のお知らせ
~中小企業経営のためのワーキンググループセッション~

テーマ
今後予定されている人事労務関係の法律改正と求められる実務対応

プレゼンテーター:荒木 康之(特定社会保険労務士)
 
日時 : 平成24年10月23日(火)午後7時~午後9時
場所 : 横須賀市産業交流プラザ 第2研修室
<趣旨>
このところ労働に関する法律改正の動きが多くなってきております。
派遣労働者、パートタイマー、嘱託など、
非正規労働者に関する法律改正が目白押しの状態です。
もともと日本の労働法は解雇や不利益変更がしづらくなっていて、
雇用が硬直化しやすくなっています。
そのため経営環境の変化に柔軟に対応するためには、
非正規労働者の存在がある意味経営にとっては
非常に貴重となっています。
それがこの改正で企業にとって
非常に負担の重くなることが予測されています。
今回の改正は様々な理由から挙げられます。
もちろん労働者保護や
安心して働ける社会を作ることは大事ですが、
国家の事情を企業経営の足かせにばかりするような傾向には
人事労務の専門家として大変に疑問ですし危機感を覚えます。
本セミナーでは今後起こるであろう法律改正を主体に、
今から準備しておかなければならない対応策について、
実務的な観点から解説します。

出欠連絡先:㈶横須賀市産業振興財団

電話・FAX・E-mailいずれでも結構です。
FAXの場合は下記まで送信してください。

電話:046-828-1631 
FAX:046-821-1207 
メールはこちらまで

主催:横須賀・三浦地域活性化プロジェクトチーム(LEAP)
後援:㈶横須賀市産業振興財団
スポンサーサイト

テーマ : 中小企業の経営 - ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

行政書士 岩堀達也

Author:行政書士 岩堀達也
昭和44年3月21日生
小・中・高と横須賀で学び、明治大学経営学部経営学科卒業
地元信用金庫に8年半勤務後、不動産会社を経て外資系保険会社に4年半勤務。

平成18年5月
行政書士事務所開業。

中小企業経営についての様々な相談・アドバイス・実務を得意とする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。