スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「上杉鷹山に学ぶ経営改革の“ツボ”」~荒廃した米沢藩はいかにして再生したか~

LEAP勉強会のお知らせ
(中小企業経営のためのワーキンググループセッション)

テーマ
「上杉鷹山に学ぶ経営改革の“ツボ”」
~荒廃した米沢藩はいかにして再生したか~

プレゼンテーター:堀込孝繁(中小企業診断士)
 
日時:平成25年1月24日(木)午後7時~午後9時
場所:横須賀市産業交流プラザ 第2研修室

<趣旨>
明治初期に訪れたイギリス人女性旅行家が
「ここは東洋のアルカディア(桃源郷)」と感嘆した米沢。
しかし、江戸時代中期の米沢藩は財政破綻、
相次ぐ逃散(農民の逃亡)で
領地返上寸前の危機に陥っていた・・・。
婿養子の藩主・上杉治憲(鷹山)が
行った改革によって再生の道を歩む米沢藩。
そこには、現代に通じる経営改革の“ツボ”があった・・・。
年の初めに当たり、「温故知新」で行きましょう。

出欠連絡先:(財)横須賀市産業振興財団

電話・FAX・E-mailいずれでも結構です。

電話:046-828-1631 
FAX:046-821-1207 
E-mail:こちらまで
主催:横須賀・三浦地域活性化プロジェクトチーム(LEAP)
後援:(財)横須賀市産業振興財団
スポンサーサイト

テーマ : 中小企業の経営 - ジャンル : ビジネス

プロフィール

行政書士 岩堀達也

Author:行政書士 岩堀達也
昭和44年3月21日生
小・中・高と横須賀で学び、明治大学経営学部経営学科卒業
地元信用金庫に8年半勤務後、不動産会社を経て外資系保険会社に4年半勤務。

平成18年5月
行政書士事務所開業。

中小企業経営についての様々な相談・アドバイス・実務を得意とする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。