スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創業融資のポイントは?

平成18年5月より会社法が施行され、
それこそ出資金1円でも株式会社を設立出来るようになりました。

法人を設立して“創業融資”を申込む際には、
ある程度の自己資金が必要です。

創業融資における自己資金とは、
“資本金はいくらなのか”です。

もし資本金を1円で設立した会社であれば、
「自己資金も無いのに法人を設立したのか。」
「事業計画を考えていないな。」
「経営能力が疑わしいな。」
と金融機関から判断されてしまいます。

また、厳密には、自己資金とは資本金だけではなく、
預金残高や、既に現金で支払済の領収証もカウント出来ますが、
やはり資本金に充当しておいたほうが受取られ方が違います。

また、預金残高については、
直前に入金された残高は不可です。
「創業のためにコツコツ貯めてきました。」
というのがわかる預金でないと自己資金と見られません。
つまり、積立預金や定期預金等です。


特に、“個人事業者”の創業融資申し込み時は、
資本金というものがありませんので、
上記のように“コツコツ預金”が必要です。
普通預金の残高でも、
“1年前から貯めてきている”等でなければなりません。



では、法人の資本金を、
ある程度の金額で設立した会社の場合はどうでしょうか。

資本金が300万円です。

創業融資として同額の300万円を貸してください。
という場合ですが、

銀行や日本政策金融公庫は、
“その資本金が振り込まれた通帳”の流れを見ます。
法人だけでなく出資した個人の通帳も確認します。

この場合、大変多いケースが、
“第三者から振り込まれているお金が資本金になっている”
ケースです。

つまり、
出資者以外の第三者から振り込まれた資金を使って、
法務局で資本金として登記して法人設立したケースです。

これは、
“見せ金”と判断されます。
ましてや、登記完了後にその振り込まれた資金を、
振り込み主へ送金(返還)しているのであれば完全にアウトです。

法人の資本金について“自己資金かどうか”は、
出資の経緯や資金の内容から判断されます。

“見せ金”と判断されてしまった場合は、
自己資金ゼロとみなされて、創業融資は断られます。

そうなってしまうと、最初の決算を終えるまでは、
銀行融資はほぼ無理でしょう。

初年度は全て自己資金で運営していかなければならなくなります。


くれぐれも“見せ金”の資本金で会社を設立するのはやめましょう。


○会社設立・創業融資・起業支援についてお気軽にご相談下さい。
 TEL:046-876-9005
 メールでのお問い合わせはこちらまで



スポンサーサイト

テーマ : 起業 - ジャンル : ビジネス

吉田横須賀市長を囲んで?LEAP2周年 特別企画?

吉田横須賀市長を囲んで?LEAP2周年特別企画事業?

「吉田市長・経営者・LEAPとのディスカッション」
    ?横須賀経済の未来に向けて?

このたび、
LEAPでは2周年特別企画事業として
吉田横須賀市長をお招きし、
経営者とLEAPメンバーを交え、
横須賀経済の未来に向けた
懇談をディスカッション形式で行います。
奮ってご参加ください。

日 時 平成22年2月16日(火)午後5時10分?午後6時
場 所 横須賀市産業交流プラザ 交流サロン
     (京急汐入駅前「横須賀芸術劇場」3階)
対 象 企業経営者または経営幹部の方 40名(先着順)
費 用 無料


“経営者が知っておくべきこと”シリーズ第10弾!
中小企業経営セミナーも同日に開催します。

LEAPセミナー
「社会保険料の賢い節減の仕方?知らないとMOTTAINAI?」

内容:社会保険の仕組みについて
   /社会保険料の具体的な節減対策
   /質疑

経済環境が悪化している中、
企業においては1円でも経費を削減したいところです。
経費の中でも最大は人件費。
なかでも法定福利費は年々上昇し、
負担に苦しむ経営者が多くいます。
給与が同じ額でも社会保険料は毎年上がるからです。
一方で社会保険料の節減の対策を取らないでいる企業が大半です。
このセミナーでは、合法的な方法で社会保険料を節減し、
負担を軽くする方法をご提案します。

日 時 平成22年2月16日(火)午後3時?午後5時
場 所 横須賀市産業交流プラザ 交流サロン
       (京急汐入駅前「横須賀芸術劇場」3階)
講 師 社会保険労務士  荒木 秀
対 象 企業経営者または経営幹部の方 40名(先着順)
費 用 無料

申込方法 ファクス、電話、メールでお受けします。
申込先 ㈶横須賀市産業振興財団  
    〒238-0041横須賀市本町3?27
       電話046-828-1631
       FAX 046-821-1207
       E-mail:メールはこちら


横須賀・三浦地域活性化プロジェクトチーム
(LEAP:リープ=「飛躍」の意味)は、
“中小企業を熱くする専門家集団”です。
主に企業経営に関する国家資格の士業
(税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士、中小企業診断士)
の有志が中心となり、
三浦半島地域の中小企業の“飛躍”を願って
様々な面からサポートします。
セミナー、相談会、交流会、地域活性化活動、
各種イベント等、毎月1回開催しておりますので、
ぜひご参加ください。

テーマ : 神奈川県 - ジャンル : 地域情報

社会保険料の賢い節減の仕方?知らないとMOTTAINAI?

主催:横須賀三浦地域活性化プロジェクトチーム(LEAP)
/後援:(財)横須賀市産業振興財団

中小企業経営セミナー
“経営者が知っておくべきこと”シリーズ第10弾!

「社会保険料の賢い節減の仕方?知らないとMOTTAINAI?」

日 時 平成22年2月16日(火)午後3時?午後5時
テーマ 「社会保険料の賢い節減の仕方」
             ?知らないとMOTTAINAI?
内容:社会保険の仕組みについて
   /社会保険料の具体的な節減対策
   /質疑
講 師 社会保険労務士  荒木 秀
場 所 横須賀市産業交流プラザ 交流サロン
    (京急汐入駅前「横須賀芸術劇場」3階)
対 象 企業経営者または経営幹部の方 40名(先着順)
費 用 無料

申込方法 電話、メール、FAXでお受けします。
申込先 (財)横須賀市産業振興財団  
    〒238-0041横須賀市本町3?27
    電話046-828-1631
    FAX 046-821-1207
    E-mail:メールはこちら



経済環境が悪化している中、企業においては1円でも経費を削減
したいところです。経費の中でも最大は人件費。なかでも法定福利
費は年々上昇し、負担に苦しむ経営者が多くいます。給与が同じ額
でも社会保険料は毎年上がるからです。一方で社会保険料の節減の
対策を取らないでいる企業が大半です。
このセミナーでは、合法的な方法で社会保険料を節減し、負担を
軽くする方法をご提案します。



横須賀・三浦地域活性化プロジェクトチーム
(LEAP:リープ=「飛躍」の意味)は、
“中小企業を熱くする専門家集団”です。
主に企業経営に関する国家資格の士業
(税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士、中小企業診断士)
の有志が中心となり、
三浦半島地域の中小企業の“飛躍”を願って
様々な面からサポートします。
セミナー、相談会、交流会、地域活性化活動、
各種イベント等、毎月1回開催しておりますので、
ぜひご参加ください。

テーマ : 中小企業の経営 - ジャンル : ビジネス

レリエイブルの会?健康と福祉の信頼関係? 「我が家の介護」

レリエイブルの会?健康と福祉の信頼関係?

「我が家の介護」セミナー

日時:平成22年1月22日(金)15?17時
場所:横須賀市産業交流プラザ
   (神奈川県横須賀市本町3?27
    ベイスクエア横須賀1番館3階)
    京急汐入駅前です

セミナー:「我が家の介護」
     ?介護編
      (介護事業所さんふらわあ代表 今澤さん)
     ?医療編
      (看護師 竹村さん)
     ?お金編
      (ラビエFP事務所代表 西村さん)
     ?法律編
      (岩堀行政書士)
     以上を予定しています。

定員:20名(先着)

申込先:ラビエFP事務所
     電 話:046?826?3701
     FAX:046?827?8905
     メールはこちらまで




昨年の春頃から活動している団体です。
有志が集まり、ボランティアで活動しています。
毎月1回、介護福祉にまつわるセミナーを開催しています。
これだけの専門家が同時集まって、
介護福祉のセミナーを開催するのは珍しいと思います。
まだまだ草の根活動ですが、
地元横須賀だけでなく、
神奈川・関東へと広げられればと思っています。

介護福祉の生の情報はなかなか少なく、
市民の皆さんが本当に必要としている、
現場の情報やわかりやすい情報を提供出来ればと思っています。

行政に頼っていても遅かったり、
縦割りだったり、
わかりづらかったり・・・

そんな現状を打破していきたいと願っています。




レリエイブルの会?健康と福祉の信頼関係? 「我が家の介護」




テーマ : 介護関連のサイト - ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

行政書士 岩堀達也

Author:行政書士 岩堀達也
昭和44年3月21日生
小・中・高と横須賀で学び、明治大学経営学部経営学科卒業
地元信用金庫に8年半勤務後、不動産会社を経て外資系保険会社に4年半勤務。

平成18年5月
行政書士事務所開業。

中小企業経営についての様々な相談・アドバイス・実務を得意とする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。